糖尿病は自覚症状がない危険な病気|早期治療して悪化を防ぐ

看護師

スポーツ時のケガの治療

男性

スポーツ中にケガを負ったり骨折をした時には、神戸の整形外科の病院で治療を受けることができる。神戸の整形外科では、野球肘やテニス肘などのスポーツ障害の治療も行っている。神戸の整形外科の病院にはリハビリの施設があり、理学療法士の指導によるスポーツ障害のリハビリが受けられる。

詳細へ

インスリンと付き合おう

婦人

血糖値をすぐ下げます

糖尿病には1型と2型があり、1型は自己免疫疾患などにより発症し、2型は生活習慣などによって発症すると考えられています。これら糖尿病の治療方法として、1型と進行した2型ではインスリン療法が治療の中心になります。インスリン療法は非常に早く血糖値を下げられる点で人気のある治療方法です。1型糖尿病の場合、インスリンが分泌できなくなるため、食事をとると急激に高血糖になってしまいます。高血糖をそのままにすると、ケトン性糖尿病性昏睡を起こしてしまうため、すぐに血糖値を低下させる必要があります。このような場合にインスリン療法は非常に効果的で、医師に指示された量を腕などに自己注射することで、血糖値を正常な値まで、すぐに低下させることができます。

低血糖に気を付けよう

インスリン療法の治療は、基本的には対症療法といえます。インスリンを使用することで高血糖は解決しますが、それは身体がインスリンを使用して糖質を筋肉や肝臓で使用できる力が回復したという意味ではないからです。しかし糖尿病の治療では、インスリンなどを使用して血糖値を安定させないと他の治療方法も実践できません。運動療法などは、血糖値が安定していなければできないため、インスリンは他の治療方法をサポートする意味合いもあるのです。インスリン療法で最も注意すべきは低血糖症状です。低血糖症状とは、インスリンが効きすぎることによっておこる症状で、最悪の場合命に関わる症状でもあります。そのため、インスリン治療を行う際には、間違えて2回注射するなどのミスが無いよう注意しましょう。

乳がん対策のために検診へ

病棟

乳がん検診は、成人した多くの女性にとって、とても大切な検診です。生理前に検診に行くなどの豆知識を利用することで、痛みの少ない中で検診を受けることができます。乳がんで悲しむ女性が、1人でも減ることを切に望んでいます。

詳細へ

疾患だけではない携わり

医者

掛かりつけ医の役割を担う平野区の病院では、生活の質を向上させ、健康維持や促進できる内容でも診療に携わる考えで、病気になってからの通院ではなく、健康的な身体づくりを目指した通院も展開され、話題を集めています。

詳細へ